HOME > WordPressの使い方 > アクセスマップの設置1

WordPressの使い方

アクセスマップの設置1

実店舗をお持ちのサイトであればアクセスマップはぜひとも設置したいものです。地図を画像で作成しようと思えば大変な労力が掛かりますが、Google マップを利用すれば簡単に高機能なアクセスマップが設置できます。

参考ホームページ

Google マップを設置するためにはWordPressのプラグインの機能を利用します。プラグインとは本来WordPressにはない機能を後から追加するためのプログラムです。ご利用の前に注意していただきたいのがこれらのプラグインは世界中の人々が無償で公開しているものです。利用に関してはあくまでも自己責任でお願いいたします。


Google アカウントの作成とGoogle Maps APIの取得

Google Maps APIの取得にはGoogle アカウントが必要です。お持ちでなければGoogleアカウントのページにある「アカウントを作成」のリンクからGoogle アカウントを作成する必要があります。

Google アカウントを作成したら Google Maps APIを取得します。こちらのページに移動しさきほど作成したGoogle アカウントにログインします。

下図1.~3.の手順を実行します。

Google Maps APIキーが表示されますので、適当なファイルにコピーして保存しておきます。

プラグインのインストール

Google マップを利用するプラグインはたくさんありますが今回は「Google Maps Anywhere」を使用します。

WordPressにログインし1.の手順で画面を表示し2.「 Google Maps Anywhere 」と検索します。

Google Maps Anywhere であることを確認のうえ、「いますぐインストール」をクリックします。

「本当にこのプラグインをインストールしてもいいですか?」と確認されますが「OK」をクリックします。

インストールが完了したら「プラグインを有効化」をクリックします。有効化後にプラグインの画面に移動しますがここでは特にすることはありません。

アクセスマップの設置2へつづく